老人ホームを選ぶなら藤井寺での一人暮らしも楽しみ

老人ホーム

老人ホームでセミ一人暮らしは楽しみ

老人ホームの藤井寺カタログを見ていますと、30代の私でも心ときめくものがあります。

なぜなら、ワンルームという空間の個室なのに、お風呂が広々していますから。

これだけの理由一点でも、老人ホームを藤井寺で入居を非常に魅力的に感じますね。

もちろん、それぞれの老人ホームの形態によって間取りなどは異なりますが、なかでもマンション型の有料老人ホームは、独身一人暮らし時代のことを思えば、ときめくものはありますよね。



今は私も家庭をもって家族6人でワイワイ毎日楽しく暮らしてはいるのですが、しかしそのような生活であっても、ふと独身一人暮らし時代を懐かしく思い出すこともあるのです。

そもそも、一人暮らし自体が楽しくって仕方がなかったので、だからこそ今でも時々懐かしく思うのです。

やっぱりちゃんとプライベート空間があるということで、開放感がありましたからね。



よく「一人暮らしなんてかわいそう…」などと思う人もいますけれど、しかし一人暮らしが楽しかった私からしてみれば、そのような気持ちはないのですよね。

もちろん家族での暮らしも楽しいものなのですが、老人になってからの一人暮らしも楽しみだなぁとは思うのです。

義母もそのような割り切った考え方の人ですから、私同様に結構ワクワクで老人ホームの藤井寺パンフレットを見ていますね。

まあまだまだ先の事ですが、義母に共感するところは大きいですね。



老人ホームという高齢者が生活する空間に入るお年寄りが藤井寺で増えていきます。

高齢者の中にはお金は十分にあるけど自分ひとりであり、寂しく一人暮らしするのは嫌なのでこうした施設に入ることを希望する人も確かにいます。

またかなり介護を受けないと自分ではどうすることができない、そして家族からの介護を期待できない場合に老人ホームを藤井寺で利用するようになるのです。

老人ホームを藤井寺で入居するというのはそのような人たちが快適に生活ができるように工夫されていて、なにか急な体調不良などが起きてもすぐに駆けつけてくれるので安心というメリットがあります。



その費用に関しては決して安いものではありません。

入所するための一時金としては300万円ほど支払うことが相場になっていて、もっと高いところもあります。

1ヶ月の生活費としては15万円前後が多く、20万円を超えるようなところでは広かったり、設備のよさ、立地などが関係してきます。

老人ホームを藤井寺で探している場合には、便利なサイトがあり、一括でまとめて老人ホームを検索できるようになっているものがあります。

サイトだけではわからないことが多いので実際に老人ホームを訪れたり、パンフレットを送ってもらったりして情報を集め、徹底的にいろいろな老人ホームの比較をしていくことが大切になるのです。



私の両親ももう90歳と79歳となり、2人で今のうちに老人ホームに入ろうか、それともどちらかが1人になったらそうしようかと色々資料を取り寄せているようです。



私はまだ藤井寺の老人ホームの事情については詳しく知りませんが、まず入居時の一時金が高すぎると思います。そして、毎月の費用も当然掛かります。

更に病気になったらまた別途費用が掛かります。

施設としても、これからの修繕費用の積み立てや施設を運営して行くお金が必要でしょうが、ある程度の資金を持っている老人でなければ老人ホームに入ることを考えることすら出来ない状態です。

逆に、お金があれば高級ホテルのような老人ホームに入ることが出来、最後まで行き届いたケア受けることが出来ます。



これはそれまでの本人の稼ぎ方だと言われてしまえばそれまでですが、藤井寺では、どこの老人ホームもビジネスホテルより狭いような部屋に入れられています。

家族にとっては死後の荷物の処理が殆ど無くて良いでしょうが、その狭さは圧迫感を感じる程です。ただ、入居者同士で友人になったり運動などを一緒にしたりは出来るので、それは楽しみだと思います。男性はあまりそういうことは得意ではないようなので、出来ればまだ夫婦2人が生きているうちに入居した方が良いのかなと思います。

男性だけだと、本当に1日部屋に引きこもってしまう可能性もあるからです。

それにしても、何をするにもお金が掛かりますが、年金も減らされ、私達が70歳、80歳になった頃には老人ホームに入ることも無理なのではないかと心配です。


名刺の作成でお困りの際はアドプリントに依頼しましょう!名刺作成だけでなく様々な種類のものを作成してくれます!

TOP